蕎麦屋の中華そば



麺は、昔ながらの自家製手もみ麺。 スープは、煮干と鶏ガラがベースの正統派しょうゆ味。昭和30年頃、初めてメニューに加えて以来、麺もスープもほとんど当時のまま。帰省のお客様から、「懐かしい!」とよく言われます。蕎麦屋のメニューに中華そばがあるのは山形名物の一つ。650円也。山形の夏の風物詩、「冷たいラーメン」もあります。650円也。







元祖 つけ冷し中華



「つけ冷し中華」は、当店一番の人気メニュー。蕎麦屋の中華そばを、新庄の暑い夏に、「冷し」で食べたいというお客様の要望から考案されました。麺をつゆにつけながら食べるのは、ざる蕎麦がルーツだから。    650円也。(麺が二人前の特盛も人気







温つけめん



「温つけめん」は、冷水でしめた麺を温かいスープにつけてお召し上がりいただきます。伝統の自家製手もみちじれ麺の真骨頂。お好みでおろしにんにくを加えて美味。650円也。麺が二人前の特盛も人気。







蕎麦



蕎麦は,、創業以来の江戸蕎麦の伝統を受け継ぐ二八蕎麦。蕎麦のメニューは、ざる蕎麦、山菜そば、鳥そば、カレー南蛮、いなりそば、月見そば、親子そば、などがあります。特にカレー南蛮は、大正・昭和の時代から、ハイカラなおそばとして親しまれてきました。ざる蕎麦650円から。